SSブログ

黄色な歯を白く 隣の歯と比べて、犬歯が黄色く、着色汚れが落ちた歯磨き粉を再び [黄色な歯を白く]

2ヶ月に一度、歯石を取ったり、歯周病のチェックなどで歯医者へ行っています。もう何年も、こんな感じで通っていて、大きな虫歯もなく、確かに歯は健康です。

歯医者に行く日が決まっていると、それに向かって備えるようになり、それがいいのかもしれません。以前、治療のため、次が1週間後になったことがあり、その時、『もっと歯ぐきをマッサージするように磨いてください』と言われました。

歯は大事にしている方ですが、歯のために生きている訳でもないため、いちいち歯ぐきをマッサージするのは面倒です。そこで、歯周病に良さそうな『ガム・デンタルリンス』を使い、いつも通り磨くことに。

1週間後、歯医者へ行ったところ、『歯ぐきのマッサージ、頑張ってますね』と言われ、すぐ分かるほど歯ぐきの状態が良かったらしく、褒められました。歯ぐきのマッサージは、全くせず、ガムの液体ハミガキを使っただけなのですが、効果があったようです。

そんなこともありつつ、歯医者へ通い続けているのですが、ちょっと気になりだしたのが、黄色の犬歯。数万円でホワイトニングしなければとは思わないものの、真っ白じゃなくても、黄色くないと感じる程度にしたく。

ちなみに、日本人は、歯の表面をおおうエナメル質が欧米人よりも薄く、それが、歯が黄色く見える原因と言われています。全体が黄色っぽいなら、そうかなと思うのですが、私の場合、隣の歯と比べ、犬歯だけが目立って黄色いです。

ha01.jpg

この黄色の犬歯を白っぽくしたく、ライオンの『Brilliant more W ブリリアントモアダブル』を使うことにしました。

いつも通り、アマゾンに注文したのですが。プライム会員で送料無料ながら、このゴールデンウィーク中も変わらず、注文の翌日には届き、改めて凄いです。

ha02.jpg

この歯磨き粉を選んだ理由は、以前、一つ前の『Brilliant more ブリリアントモア』を使ったことがあり、コーヒーだと思うのですが、前歯に付いた茶色い着色汚れ(ステイン汚れ)が、こんな感じで落ちました。

左の画像の右から2番目の歯に茶色の部分があり、右の画像は、4週間ほど『Brilliant more ブリリアントモア』で磨いたものです。他の歯磨き粉で落ちなかった着色汚れが、ちゃんと落ちました。

光の当たり具合もあるため、歯の白さという点では、どうかなとも思うのですが。現在は、これよりも全体が黄色っぽいため、この時と同じくらい白くなればという感じです。

今回は、『Brilliant more W ブリリアントモアダブル』で新しくなっていて、どんな感じになるか楽しみです。


 

nice!(195) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 195