SSブログ
Warplanes WW1 Fighters ブログトップ

Warplanes WW1 Fighters 初心者にも優しく、かなり長く楽しめるVRゲーム [Warplanes WW1 Fighters]

Meta Quest 2で『Warplanes WW1 Fighters』というVRゲームをやっているんですが。VRならではの没入感、初心者でもやりやすく、長く遊べる作りにもなっていて、やればやるほどゲームとしての凄さを感じるようになりました。



VRゲームは、360度、どこを見ても、その世界なため、没入感が非常に高いのですが。自分が乗り込む機体の周りを歩き回ることができ、分かりやすいリアルさがあります。

機体の色を変えたり、主翼や尾翼のステッカーを変えたり、好みのものに変えられため、愛着もあり。没入感の高さが、ストレス解消の高さにつながっていることが、最近、実感できるようになりました。

プロペラの戦闘機を操縦して、敵と戦うというものなので、操縦に慣れるまで、多少の時間がかかるのですが。不慣れな状態でも、ミッションのモードを『レジャー』などにすることで、オートエイム機能が使えます。

オートエイム機能は、ある程度、前方に敵がいれば、ボタン一つで機銃の弾を多少曲げて当て、機体の方向も、そちらへ向けてくれます。

弾が当たる距離まで近づく必要はあるんですが、正面の上下左右で、それぞれ60度くらいの角度なら、機銃が当たります。

本来、機銃の真ん前じゃないと敵に当たらないため、オートエイム機能は、かなり初心者に優しい機能です。

オートエイムが使える分、ミッションの報酬は-30%になるのですが。操縦が上手くなれば、いつでも、オートエイム機能がない高報酬なモードに切り替えられます。

長く遊べるというのは、現状からもっと良くなりそうだという期待が、どのくらい持ち続けられるかだと思うのですが。このゲームは、他に比べ、こうなればという先が長いです。

シングルプレイのキャンペーンモードは、プロペラの戦闘機が単体で戦うというものではなく、ユーザーが乗り込む司令機、AIが操作するサポート機で構成された飛行隊で戦います。

ミッションを次々とクリアすると、サポート機が増やせます。どこまで増やせるか分からないのですが、今のところ、5機で出撃しています。

プロペラ機の上昇や旋回能力、機関銃の性能、操縦するAI(乗組員)のレベルを上げ、装甲を強化したりするんですが。これに消費するゲーム内通貨の費用が高く、ミッションをいくつもやりながらとなります。

これが、5機分でも、かなりな感じなのですが。選んだ機体により、様々な違いもあるため、軍隊らしく、ミッションに合わせて、同じ機体で揃えたりし始めると、かなり長く楽しめます。

ミッションについては、クリアしやすい簡単なものを繰り返して、手っ取り早く報酬を稼ぐということができない作りになっています。

このゲーム、選べるミッションが3つしか表示されず、1つのミッションをクリアすると、それが無くなり、新たなミッションが表示されます。

同じミッションを何度もクリアするということができないため、ワンパターンにならず、どのミッションも新鮮に楽しめるようになっています。

しかも、現在は、米国などの連合国側をプレイしているんですが、もう一方のドイツなどの三国同盟側もあります。

操縦に慣れたら、マルチプレイもと考えていたんですが、シングルプレイでの遊び甲斐が凄く。しかも、3D酔いするタイプなため、体調が良く酔い難い時でも、空中戦でアップダウンが激しくなれば、2時間くらいが限界です。

それでも、また、やりたくなるくらいですから、かなり面白いゲームなんだと思います。




nice!(174) 
共通テーマ:日記・雑感

Warplanes WW1 Fighters VRで空が広く、プロペラ機の空中戦なら、気軽に楽しめそうな [Warplanes WW1 Fighters]

Meta Quest 2で『Warplanes WW1 Fighters』というVRゲームを始めたんですが。高評価が分かるような面白さ、遊び甲斐があるゲームでした。これで、通常価格 2,208円、現在、セール中で1,190円は、割安感が凄いです。



第一次世界大戦の戦闘機に乗り込んで、広い空間を飛び回りつつ、シングルプレイでミッションに挑戦したり、マルチプレイで他のユーザーと対戦したりというものです。

シングルプレイは、ミッションをクリアすることで物語が進むようなものではないです。それでも、出撃できる機体が増えたり、アップグレードできたりもするため、面白さはありました。

この頃の戦闘機は、昔のプロペラ機という感じで、翼が上下で二つあるような複葉機が主流の時代です。

操縦席の前に機銃が付いていて、リロードが詰まったら、それを上から叩いて直したり、爆弾を落とすにも、横にある爆弾を掴んで、手を放して落としたりします。

第二次世界大戦なら、博物館などでゼロ戦を見たことがあり、こういうものなんだなと分かるのですが。第一次世界大戦になると、こんな感じというイメージもないため、新鮮です。

ゲーム性が高く、初心者でも楽しめる作りになっています。主にシングルプレイなのですが、ミッションクリアで得られた報酬で戦闘機や爆撃機が買えたり、戦闘機の性能などもアップグレードでき、機体の色を変えたり、やれることが多いです。

アップグレードというのは、戦闘機に搭載する武器を変えたりというものではなく、上昇や旋回性能を上げたり、機関銃の威力を上げたり、装甲を上げたりというものです。

機体の色を変えるというのも、結構、細かく。選べる色も多く、艶あり、艶なしもできたり、主翼の両端や尾翼にステッカーが付けられたり、迷彩柄もできます。

出撃する際には、自分が乗り込む戦闘機の他に、もう一機あり。報酬で得られるメダルを使えば、ミッションにもよるのですが、出撃する機体数が、もっと増やせたりもします。

戦闘中は、メインの機体を操縦しつつ、残りはAIになるのですが。途中で操縦する機体を切り替えることができ、最初、戦闘機で群がる敵機を倒し、途中でAIに任せていた爆撃機に切り換え、地上の敵を攻撃できたりします。

ただ、AIの操縦レベルが低い場合、途中で敵機にやられ、勝手に帰還したりもします。こうなると、自分が乗り込む機体だけではなく、AIの機体も強化する必要があり、やれることが多い分、遊び甲斐があります。

VRならではの没入感があり、操縦席も上半身を覆うものがないため、空の広さが感じられます。この解放感は、他では感じられないものかもしれません。

このゲームの難易度設定なのですが、『レジャー』や『アーケード』などいくつもあり、それにより得られる報酬も違います。

初めてでもやりやすいところとしては、報酬-30%になるものの『レジャー』なら、オートエイムが使えます。本来なら機体の真正面に敵がいないと機関銃が当たらないのですが、オートエイムなら、大まかに前方にいれば、照準を自動で合わせ、機体の向きも補正してくれます。

機関銃は、弾が詰まることがあるんですが、無制限です。フレア弾や爆弾には、機体により弾数が決まっており、弾切れで地上の敵施設が攻撃できず、ミッションがクリアできないこともあります。

もう少し操作に慣れたら、マルチプレイでもしてみようかなと思えるようなゲームです。プロペラ機なため、スピード感が程良く、いい感じで楽しめそうな気がします。




nice!(214) 
共通テーマ:日記・雑感
Warplanes WW1 Fighters ブログトップ