SSブログ
自分でエアコン掃除、水漏れを自分で直す ブログトップ

自分でエアコンのお掃除 風向きの上下と左右のルーバーを外せるかどうかが大きく、外す仕組みが分かれば [自分でエアコン掃除、水漏れを自分で直す]

毎年なのですが、4月頃になると母が、エアコンが汚れていると言い出し、私のエアコン掃除が始まります。これまでは、フィルター掃除、その奥にある熱交換器に洗浄スプレーするだけで済ませていたのですが、今年は、少し分解して、送風機まわりもやることに。

エアコンの下の方には、冷房や暖房で風が出るところがあり、その部分が、汚れやすく。カビなのか黒く汚れていて、それが、エアコンをつけて、のぞき込むと見えたりします。

ずいぶん前に、ムース状の洗浄剤を送風機のところに吹き付け、時間がたったら、付属の洗い流すスプレーで落とすというのをやったことがあるんですが。正直、ニオイは、ある程度、抑えられたものの、中の黒い汚れが、綺麗に落ちるほどではありませんでした。

ac01.jpg ac02.jpg

やはり、送風機まわりを綺麗にするには、風向き調節の上下と左右のルーバーを外す必要があります。上下のルーバーについては、真ん中で支える部分を外し、少し曲げた状態で、取り外すというのは、簡単でした。

ac03.jpg ac04.jpg

左右のルーバーは、差し込まれた部分が尖っているのが見え、それを外せば取れそうだとなり、ドライバーのセットになる先が尖ったものを使い、噛んでるところを広げて、下に引っ張ることで外れることが分かり、計10個の左右ルーバーのパネルを外しました。

ac06.jpg

仕組みは、こんな感じです。上の尖った棒を挟みこむようなカタチで取り付けているのが分かります。この挟む部分を先の尖ったドライバーで広げ、下に引っ張れば、外せます。プラスチックの素材も、柔らかめで柔軟さがある感じのものでした。

ただ、左右ルーバーを動かすために取り付けられた棒状のものが外せず、とりあえず、10個のパネルだけ外し、送風機を掃除することに。パネルは、右が左に端まで回すと取れました。上下と左右のルーバーが外せれば、送風機のところに手が入ります。

ac10.jpg

筒状のものを回転して風を起こす『シロッコファン』のブレード(周りを囲むように付いている細い板)の間は、手製のお掃除道具を作り、それを作りました。

ac08.jpg


ac09.jpg

この3つをダイソーで購入し、使い捨てフォークの先を少し切り落とし、そこに両面テープを貼り、細長く切ったマイクロファイバータオルを付けました。これを5,6本作り、あとは、それに薄めた中性洗剤を浸して、軽く絞って、ふき取りました。

本当は、シロッコファンが外せるくらい分解できれば良かったのですが、素人では難しく。手間はかかるのですが、手製のお掃除道具を使い、ブレードの間の汚れを落としては、少し回転させてを繰り返しました。あとは、水を絞った雑巾でシロッコファンの裏側の汚れもふき取り、これで綺麗になりました。

ac11.jpg

送風機部分だけでも、バケツの水が真っ黒になるくらいなので、かなり汚れが落ちているのが分かります。送風機まわりを掃除するには、上下と左右のルーバーを外す必要があり、エアコンのメーカーや機種により、違いがあるため、難しさがあります。

エアコンのお掃除は、業者さんに頼めば、1台あたりで安くて、1万円前後。個人でも、手間はかかるのですが、ここまで出来れば、業者さんに近いくらいに、綺麗にできたんじゃないかなと感じています。

nice!(161) 
共通テーマ:日記・雑感

エアコンの水漏れを自分で直す エアコンから突然の水漏れ、修理を依頼するも予約が取れず、それなら自力で [自分でエアコン掃除、水漏れを自分で直す]

お盆を過ぎれば、涼しくなると、よく言われていたのですが。今年の夏は、なかなか暑さが収まらず、今でも、エアコンがかかせません。

そんな中、リビングのエアコン ( メーカー 長府 )から、突然、大量の水があふれ、下にバケツを置くと、あっという間に、500ccほどたまりました。エアコンを使い続ければ、どんどん水が、あふれてきます。

他のエアコンで、このような状態になったことがあり、業者さんを呼んで、修理したこともあるため、驚きはしないのですが、またかという思いはありました。

水漏れは、外へ排水するためのドレインホースが何かで詰まり、排水できないため、水を受ける細長いトレイからあふれたのが原因です。

エアコンからの水漏れで、あふれでる水が多い場合、排水用のドレインホースが詰まっていると考えて、間違いないのですが。

水漏れが少ない場合、熱交換器が経年劣化などで亀裂が入り、そこから、冷媒が漏れ、本来、結露しない場所で結露を起こし、水を受けるトレイの外なため、水漏れすることもあります。この話は、以前、メーカーに修理を依頼した時に聞いた話です。

エアコンから大量に流れてくる水は、そもそも、どこから来るのかなのですが。これは、エアコン内で空気が冷やされ、そこで生じた結露です。

除湿の場合、湿度を下げるため、空気を冷やし、結露で水分を取るのですが。冷房でも、空気を冷やしているのは同じなため、結露します。

簡単な解決法は、サクションポンプを用意し、外のドレインホースに差し込み、強く引いて、詰まりを取るだけです。

sp01.jpg
コモライフ ポンプ式 ドレンホースクリーナー ¥1,480 税込 ※Amazon 2024/1/8時点
ニトムズ プロセルフ 自己融着 ブチルゴムテープ No.15 ¥595 税込 ※Amazon 2024/1/8時点

上が、今回、購入したサクションポンプです。下は、今回の水漏れで先が折れてしまい、自己融着テープで固定しながら、とりあえず、使ったものです。

自己融着テープは、水道管の水漏れなどでも応急処置に使えたり、巻き付けるだけでくっ付くため、便利に使えます。この他、防犯カメラに差し込んだケーブルを防水するためにも、使えたりします。

なぜ、ドレインホースが詰まるかについては、よくあるのが、外側から虫が入ることです。そのため、外に出たドレインホースに、格子がついたキャップを付けることで、ある程度、防げます。このキャップは、ダイソーなどでも売られています。

今回、我が家で起きたエアコンの水漏れは、外側からサクションポンプを使うだけでは、どうにもなりませんでした。その理由は、ドレインホースが、直接、外に出ていないからです。

acs.jpg

リビングのエアコンは、壁の中に傾斜が付いたパイプがあり、そのパイプとドレインホースが、つながっています。

この場合、外側から、サクションポンプで吸っても、上手く圧が上がらず、ドレインホースの詰まりが解消されません。

まだまだ、暑い日が続いており、これは、もう業者さんに頼むしかないと思い、メーカーの修理へ電話しました。

ところが、あまりにも修理依頼が多く、いつ頃、お伺いできるかお伝えすることもできませんとのこと。後ほど、こちらから連絡しますとなりました。

エアコンを修理する場合、他の修理業者へ依頼すると、メーカー修理よりも高くなることもあり、修理せずに買い替えを勧めたりもするため、修理に関しては、私の場合、メーカー修理の一択です。

ただ、メーカーへ修理を依頼しても、安く済むというよりは、信頼でき、正当な費用がかかるという感じです。

修理の仕方が、異常がある部分だけ修理するというよりは、できるだけ分解して、故障した部分を探すため、エアコン本体を完全に取り外すなど時間もかかり、壊れかかった部分も直すため、ある程度の金額になります。

エアコンを購入したばかりなら、交換する部品も少なく済むのですが。数年使ったものの場合、よくあるのが、熱交換器の交換です。この部分は、結露させることもあり、水に触れる部分なため、アルミフィンは問題なくても、他の部分にサビが起こりやすく。熱交換器を交換するとなると、部品自体が高いため、出張費用と修理費で3万ほどは見なければなりません。

今回は、いつ修理に来るか分からないため、こうなったら、自分でやれるだけやってみようとなりました。考えてみたら、ドレインホースが詰まっているから、水があふれているのは、間違いないため、これをどうにかすればいいだけです。

そこで、外から詰まりを直すのは、無理なため、エアコンを少し分解し、エアコン側に付いているドレインホースを外し、そこから、詰まった部分を押し出すため、空気を送ることにしました。

aircon01.jpg

aircon02.jpg

これが、エアコンのカバーを外した状態です。金属の薄い板が並んでいるのが、アルミフィン(熱交換器)になり、その下にある黒いトレイが、水を受けるところです。

右側にぶら下がっているものは、テッシュペーパーにワイヤーを巻き付けたものです。このテッシュを伝って、トレイに残る水を抜きました。

これでも、水があふれることなく、エアコンは使えたのですが。むき出しのアルミフィンが汚れることを考えると、長くは使えません。

aircon03.jpg

そのトレイの左端には、差し込んでいるドレインホースが見えます。狭いすき間に手を入れ、そのドレインホースを押しり引いたりしたところ、無理かなと思っていたドレインホースが外れました。

aircon04.jpg

この外したドレインホースに、サクションポンプで空気を送ったところ、特に手ごたえは感じなかったのですが。外からパイプを見ると、前よりも水が多く出ているように感じました。

本当に詰まりが解消されたのかを確認するため、ジョウロに水を入れ、トレイに流したところ、水があふれずに、勢いよく流れました。ここに至るまで、エアコンを直そうと、いろいろ試しながら、3時間ほどかかっています。

今回、熱交換器にサビがあるのも確認できたのですが。問題なく使えており、エアコンの効きもいいため、水漏れさえ解消できれば、問題ないです。

エアコンの効きが悪くなるまで使い、その後、買い替えようと考えています。エアコンは、長く使うと冷媒がどこかで漏れ出すため、それを修理して長く使うよりは、使うだけ使い、最後は買い替えた方が、結果として、安く済むと思います。

その後、エアコンからの水漏れも無く、問題なく使えています。母は、リビングのテレビでNetflixを見ているため、エアコンが元に戻り、大いに感謝していました。

nice!(180) 
共通テーマ:日記・雑感
自分でエアコン掃除、水漏れを自分で直す ブログトップ