SSブログ
水回りに超撥水コーティング剤 ブログトップ

水回りに超撥水コーティング剤 キッチン、浴室、洗面所の水アカやカビ防止、確かに水を弾き、お掃除の回数が減らせて [水回りに超撥水コーティング剤]

私の兄は、几帳面で何かをやり出すと細かく、そこがいいところでもあるのですが。浴室のカビ、キッチン、洗面所、トイレなどの水回りが、非常に気になるらしく、いらない歯ブラシなどを使って、お掃除してくれます。

ただ、お掃除してくれるなら、兄にお任せで済むのですが。兄は、文句を言いながらお掃除していて、やりたくないのに気になるから、やっているようです。

父も母も、手間を惜しむというか、面倒なことはしないタイプなので、それを手伝うようなことはないです。こうなると、私の出番になるのですが、家にいれば、料理も私が作っていることもあり、そこまで手が回りません。

そこで、兄が気にしている水アカやカビを防ぐ方法はないものかと調べたところ、超撥水コーティング剤を塗ればいいことが分かりました。これは、ホテルなどで水回りの汚れを防ぐために使っているようです。

hc01.jpg

アマゾンで調べたところ、レビューの数が圧倒的に多く、評価も高いため、『Tipo's 超撥水材弾き!』を購入しました。

hc02.jpg

hc03.jpg

使い方なのですが、水回りで水アカやカビがあるところを綺麗に洗剤などでお掃除して、そこを乾いた布で拭いて水気を無くし、そこに、このコーティング剤を吹き付けて、スポンジなどで塗り広げて、再び、乾いた布でコーティング剤を拭き取り、完成です。

hc04.jpg

確かに、塗った後だと水を弾き、残った水が丸くなっています。兄が気にしている蛇口部分にも、塗ってみました。以前に比べれば、水がべったりとならず、丸く残るだけなため、水アカは小さくなります。

水アカ(水垢)とは、そもそも何なのかなのですが。水道水に含まれるカルシウムなどが固まって付いたものです。水は蒸発して無くなるのですが、水に含まれるミネラル分は残るため、そこが白くなり、水アカになります。

水を弾けば、その分、水垢は付かず、コーティングしているため、湿気によるカビも生えにくいとなります。この製品には、防カビ剤も入っていて、年末の大掃除などでも役に立ちそうです。

問題は、この効果が、どのくらい続くかです。水回りなので、1日に使う頻度で大きな違いが出るのですが。手を洗ったり、歯を磨いたりという洗面所なら、3週間くらいかなという感じです。キッチンだと頻繁に水を流したり、お湯を流したりなので、2週間くらいです。

水を流した時に撥水しているかどうかで見ているので、撥水効果が下がっても、コーティング剤が全くない状態ではないことを考えると、汚れにくい状態は、もっと続いているのかもしれません。家族で使って、このくらいなので、独り暮らしだったら、もっと長く続きそうです。

注意が必要なところとしては、便器にも塗れるのですが、節水タイプだと少ない水で流せるようになっている分、撥水効果で水が外に飛んでくることもあるようです。

もう一つは、床などに誤って吹き付けてしまうと、そこが物凄く滑り、危ないです。浴室で使う場合、スポンジに液体を染み込ませて、カビが生えるところだけ塗った方が良さそうです。

浴室の鏡にも使えたら良かったのですが、製品説明には、ガラスには使えないと書かれていて、鏡はガラスなので無理そうです。


 

nice!(212) 
共通テーマ:日記・雑感
水回りに超撥水コーティング剤 ブログトップ