SSブログ
大自然でサバイバル The Forest VR ブログトップ

The Forest VR どこが面白く、振り返って迷ったところ、最後の2つの結末 [大自然でサバイバル The Forest VR]

昨日、『The Forest』をVRでクリアしたのですが。VRならではの迫力や臨場感が感じられ、現実では体験できないところに踏み込んだ感覚もあり、心に残るゲームの一つになりました。

プレイ時間が、112.5時間、長く遊べた割には、最後まで十分楽しめるものでした。Meta Quest 2を使うようになり、いくつもVRゲームをやった中では、これが、一番長いです。

個人的に、なぜ、面白かったかを考えてみると、物が作れる楽しさが大きく、次は、迷路のような薄暗い洞窟です。これらは、VRならではの良さが、十分に感じられるものだったからかもしれません。

物作りでは、丸太で建物を作るのが、特に楽しく。建物を作るには、多くの木材が必要になり、あちらこちらの大きな木を切り倒します。

この切り倒す作業も、斧を振り、音を立てて木が倒れると、それだけで達成感があり。それを担いで建物が徐々にできあたり、完成した頃には、周りの大木がなくなり、見晴らしのいい場所になるのも良く。

パーツを組み合わせて、自由に大きな建物ができるため、どういう風に作るかを考えつつ、原住民も攻めてくるため、防壁で囲み、罠を仕掛けてと、どんどん発展する面白さがあります。

これも、一度、出来上がれば、それで満足とならず。オープンワールドで広いため、あちこちに拠点を作る必要があり、その都度、建物を建てることになります。

それでも面倒とは感じず、VRで目の前に大きな建物が完成すると、物作りの楽しさが大きく。しかも、建物の中に置く家具まで作れるため、生活感も出てきます。

theforestl01.jpg

theforestl02.jpg

終盤では、高床式の大きな建物を作り、周りを塀で囲んでみたり、最後は、丸太を300本以上で組んだ塔を作り、下を見下ろすと家が見え、特別な思いもありました。

この塔、手作りのハンググライダーで飛ぶために作ったものなのですが。VRでは、ハンググライダーの操作が難しく、何度も墜落して、ひん死になり、ただ、塔を建てただけでした。

洞窟については、一つ一つが独立しているのではなく、どこかでつながっているところが、非常に良く。これが、薄暗い洞窟を一層複雑なものにしています。

洞窟らしい、入り組んだ感じがあり、薄暗い中で手探り状態で進み、ふとしたところで、以前、入った洞窟に出たりすると急な安心感もあり。洞窟内には、敵もいるため、暗い怖さと襲ってくる怖さがあり、VRになるとリアルな恐怖感になります。

ここからは、手こずったところの話になり、最後のところも含めて、ネタバレになります。かなり迷ったところなため、このゲームをそろそろ終わらせたいという方向けの話になります。

theforestl04.jpg

ヨットの開かない扉は、最後の研究施設でボスキャラを倒した後に手に入る『金色のカードキー』(黄色のカードキー)を使います。島に残ると選択して、クリアした後、ヨットまで戻り、開けられるという感じです。

研究施設で、ボスキャラを倒した後、金色のカードキーを手に入れ、近くのロックされた扉を開きます。角を曲がると、通路途中で岩が建物内に流れ込んだところがあり、そこから再び洞窟へ。

途中、円形の大きな穴があり、ロープで降りるようになっているのですが、そこは降りても、何も無く。その近くにある洞窟を進むと、研究施設の入り口に出ます。

theforestl03.jpg

後は、どんどん進めば、施設をコントロールするパソコンなどがあり、そこで、最後の選択が迫られます。

他の航空機を墜落させ、息子を助けるために、他の子供をいけにえのように差し出すか、この施設をシャットダウンさせ、息子の救出を諦め、この悪行を終わらせ、自身も島に残るかの2択になります。

息子を助けるために、航空機を墜落させたとしても、トークショーに二人で呼ばれ、その番組中に、息子がおかしくなったり、その後、主人公にも異変があるため、ハッピーエンドとも言えません。

島に残るを選択すると、金色のカードキーを使い、ヨットの扉を開け、中から、三角形のアーティファクトを手に入れます。

最後は、施設から外へ出るための洞窟途中に大きな扉があり、通常は、石の重みで開くところ、そこは、このアーティファクトで開きます。

すると、手のひらサイズで丸い別のアーティファクトが手に入り、それを使って、変異体を遠ざけたり、集めたりできるというもので、それ以上、何もないというのが、結末です。

ホラー感があるゲームなので、最後は、こんな感じかなというもので、個人的には、満足できるものでした。

ただ、2つ目のアーティファクトが手に入り、それを使って、一度、諦めた息子を助けることができれば、救いがあるのですが、そんなこともなく。

このゲームは、面白く感じれる要素が豊富にあり、ホラーな雰囲気も相まって、飽きずに長く楽しめるゲームでした。大自然の中での開放感もあり、日常を離れて、いい気分転換になりました。

短時間で終わらせようと思えば、次々と洞窟に入り、武器や道具を揃え、巨大な穴の湖に飛び込んで、研究施設へ行けば、終わりです。それでは、勿体ないくらい、面白さが詰まったゲームです。

ストーリーを進めずに、サバイバル生活だけでも、十分楽しめる作りになっています。通常の原住民と戦いながらもあり、全く敵が出ない設定もできるため、遊び方は、好みに合わせられるようになっています。

このゲーム、Meta Quest 2などのVR機器とPCを接続する必要はあるものの、VRゲームでは、個人的には、一番のおすすめになります。

mq2.jpg
Meta Quest 2 128GB | VRヘッドセット | PC VR ゴーグル

価格:31,900円(税込) ※Amazon 2024/4/11時点


nice!(159) 
共通テーマ:日記・雑感

The Forest VR 敵が出ないよう途中で難易度切り替え、カスタムビルでオリジナルの家を作る方法 [大自然でサバイバル The Forest VR]

相変わらず、Meta Quest2をPCと接続し、ゲーム『The Forest』をVRでプレイしているのですが。大自然で建物を建てては、敵の原住民向けに罠をしかけ、洞窟も広く入り組んでいたり、ホラー感も良く、楽しめています。

テレビ番組では、今だと、TBSの『冒険少年』、以前は、テレビ朝日の『いきなり!黄金伝説。』の企画『よゐこの無人島0円生活』は、結構、好きなため、それも、『The Forest』が気に入っている理由かもしれません。

今回は、だんだんとクラフトで簡単に作れる家では、どうしても狭く、いろんなものが置けないため、パーツを組み合わせてのオリジナルの家を作る『カスタムビル』の使い方、敵の攻撃が頻繁にあるため、途中で難易度を切り替える方法です。

最初に、難易度の切り替え方法なのですが。通常は、ゲーム始める時の設定で難易度を選択し、その後、設定などからでも、何度を切り替えることはできません。

それが、『The Forest』のオープニング画面、タイトルと吊るされた画像が見えるところで、PCのキーボードでキーワードを打つことで難易度の切り替えができます。

敵が全く出なくなる『veganmode』、夜のみ敵が出る『vegetarianmode』、敵の攻撃で建物が破壊されない『ironforest』、そして、通常に戻す『meatmode』です。

例えば、建物を作る時に、敵が邪魔して困るという時は、オープニング画面で『veganmode』とPCのキーボードで打てば、一瞬、タイトルが消えて再び表示され、後は、セーブデータをロードすれば、敵がでない状態でプレイできます。

元に戻す時は、再び、オープニング画面で『meatmode』と打てば、元に戻ります。『veganmode』にした場合、ゲームを終えて、再び、普通に始めても、このモードが続きます。元に戻さない限り、設定が続くようになっています。

『カスタムビル』については、サバイバル本のカテゴリーなのですが。外壁と内壁、窓とドアの作り方が分かり難く、注意が必要です。

オリジナルの家を建てるには、カスタムビルにある壁を組み合わせて作り、これだけで、窓あり、ドアありが作れます。

カスタムビルではないところに、窓がある壁、ドアがある壁がありますが、これは、建物内の内壁用です。内壁用で建物の外壁を作っても、その上に、カスタムフロアやカスタム屋根は付けられません。

間違って作ってしまった場合は、オプションの『建物破壊の許可』をオンにすれば、自分で破壊できます。この状態だと、敵も破壊できる状態です。

カスタムビルの外壁を使い、窓あり、ドアありを作る方法は、日本語訳がちょっと分かり難い『壁の窓』を選択し、設置した後、丸太で建設する前に、目の前で左手のトリガーを押すと、ただの壁、窓がある壁、ドアがある壁(カギが内側か外側か)が選択できるようになります。

これらの解説が、サバイバル本に書かれていれば良いのですが、それが無く。しかも、建設できる項目に、分かりにくい日本語訳もあり、壁の見た目に違いもないため、困る人が多そうです。

theforest02.jpg

注意点としては、外壁を設置し、木材で建設する前に、ドアを付けるか、窓を付けるか選ぶ必要があること、外壁の長さが、ある程度ないと、ドアも窓も付けられず、切り替えできないこと、もう一つは、カスタム屋根を取り付ける時に、VRの場合、ポインターで設置範囲を指定するのが難しく、設置する場合、近づいた方が、やりやすいと思います。

高床式のような、カスタム土台で高さを付けて、その上にカスタムフロアを作ると、外壁を設置しようとした時に、自動でカスタムフロアいっぱいに外壁を設置しようとします。それは、そういう風になっているため、後から、キャンセルすればとなります。

theforest01.jpg

theforest04.jpg

私が、建ててみたのが、これです。2階建てになっていて、2階は、食料や資材を置いています。

theforest03.jpg

まだ、建物を囲む防壁が完成していないのですが、1/4ができたところです。以前、罠で囲んだ家を載せたのですが、あの建物は、進撃の巨人のように、大きい変異体 2体の体当たりを受け、破壊されてしまいました。

囲む範囲が広いとかなりの木材が必要になり、私は、木を切り倒すのが面倒なため、ダイナマイトに火をつけて置き、爆破で5,6本の木を一気に丸太にして、運んでいます。

このゲーム、まだまだ、楽しめそうです。

mq2.jpg
Meta Quest 2 128GB | VRヘッドセット | PC VR ゴーグル

価格:31,900円(税込) ※Amazon 2024/4/11時点



nice!(172) 
共通テーマ:ゲーム

The Forest VR これまでと違い、ゲームが夢に影響を与えているような [大自然でサバイバル The Forest VR]

『The Forest』をVRで毎日プレイするようになり、気づいたことがあるのですが。どうも、夢に影響を与えているような気がします。

ずいぶん前、一人称視点でゲームする人は、夢をコントロールできるという話を聞いたことがあります。

私の場合、一人称視点のVRなため、画面を見てプレイするのと違い、大分、リアル感があります。だから、より影響を受けやすかったのかもしれません。

なぜ、夢に影響を与えていると感じたかなのですが。ちょっとした悪夢を見た時に、怖さから先に進まないのが、いつものパターンでした。それが、The Forestをプレイするようになり、前に踏み出すようになりました。

The Forestでは、洞窟がいくつもあり、その中に入り、様々なアイテムやさらわれた息子の手がかりを手に入れたりします。その洞窟は、ほぼ真っ暗で、ところどころに、わずかな明かりが見える程度です。

手に持ったライターで、2m先が薄っすら見える中、歩き回り、急に原住民や化け物のうめき声が聞こえ、飛び掛かられたりします。

ある程度、距離があって、近づいてくるのが分かれば、身構えてとなるのですが。うめき声が聞こえても、洞窟が入り組んでいて、距離感がよく分からず。そこで、急に攻撃してくるため、思わず、のけぞったり、方向が分からず、コントローラーを持った手で壁を叩いたことも何度かあります。

VRだと、リアルに感じられるのですが、これも、ちょっと違うところがあり。ゲームの世界が、リアルに感じられるというよりは、ゲームの中に入った感じの方が、個人的には近いです。

実在しないのは、理解しているのですが。ゲームの中に入った状態なため、周りの環境が、そうなっているから、そういうものと納得できるというか、そんな感じです。

夢での行動が、洞窟の中で前に進もうとする心理状態と同じだったため、そう感じただけかもしれません。

VRなため、何かを行った経験として、体に残っているような気はします。ゲームを通じて、精神的に鍛えられるようなものなら、役に立ちそうですが。

これは、ゲームをする人次第なため、良い効果もあれば、悪い効果もありそうです。

mq2.jpg
Meta Quest 2 128GB | VRヘッドセット | PC VR ゴーグル

価格:31,900円(税込) ※Amazon 2024/4/11時点



nice!(170) 
共通テーマ:日記・雑感

The Forest VR オープンワールドで広く、軽い運動にもなり、やり直せば場所が変わる [大自然でサバイバル The Forest VR]

ほぼ毎日、Meta Quest2をかぶり、VRで『The Forest』をプレイしているのですが。ちょっとやり過ぎかなと思いつつ、このゲームを楽しんでいます。

VRだと体を動かすため、軽い運動にもなり、気づけば、額に汗をかいていたりもします。これまでは、VRゲームをやりつつ、少し運動がてらというのが、どこかにありました。それが、今回は、ただ、ゲームが面白いからだけになっています。

時間を忘れて没頭しているのですが。2時間ほどでMeta Quest2のバッテリーが切れるため、いい感じで止められています。それでも、2時間立ちっぱなしなため、少し足に疲れがあったりはします。

今までは、夜だけやっていたのですが、最近は、早朝、1時間ほどやったりもしています。久しぶりにハマった感じで、これだけハマるとストレスも解消され、どこか調子がいいです。

このゲーム、難易度の設定ができ、適度に敵がいる『標準』の他、敵がいない『平和』、敵が強く、サバイバルが厳しくなる『ハード』と『過酷なサバイバル』があります。

『平和』は、サバイバル生活に専念しつつ、島を探検してとなるのですが。サバイバル生活が安定すると、今まで敵から逃げていたのが、撃退しようと心理的に変わったりもするため、『標準』がちょうどいいような気がします。

forestvr01.jpg

これは、現在、プレイ中の画像です。高床式住居を作り、そこの窓から見たところです。周りに、踏むと尖った木が跳ね上がる罠を8つほど設置し、罠が無い安全なところが分かるよう、両脇に石を置いた道も作りました。

これで、何度か、攻撃してくる原住民を撃退しているのですが。罠が少ない側面から攻めてきたり、罠を飛び跳ねて避けたりもするため、後は、自力で倒す感じです。

原住民が出没する集落が遠くにあり、そこにも、いくつか罠をしかけています。この集落には、アイテムが豊富にあり、ダイナマイトもあるため、乗っ取れないかと考えています。

アイテムを拾っても、しばらくすれば、また、アイテムが落ちた状態になるため、安全に行き来できれば、役に立ちます。

銃の部品が、各地に埋められており、それを掘り起こす際にダイナマイトを使います。この大自然の中、銃まで手に入れば、もっと強気で挑めそうで、それも楽しみです。

サバイバル生活の他、連れ去られた息子を取り戻すという目的もあり、島には謎もあるため、ここら辺の作り込みが、ゲームを刺激的なものにしています。

このゲーム、位置的なものが頭に入ったところで、もう少し、ここをこうすればと思い、やり直したりすると、自動生成な『ローグライク』ほどではないのですが、航空機の墜落場所が変わったりします。

オープンワールドで広いのですが、最初のスタート地点になる墜落場所は、しばらく、機内の食料で食いつないだり、最初は弱いため、ゲームを進める上で、海に近いのか、集落に近いのかも重要になります。アイテムや素材を集めてのサバイバルなため、スタート地点が、変わるのは大きいです。

『The Forest』は、PC版が先にあり、その後、VRでもプレイできるようになったものなのですが。VR版のみのゲームと比べ、PC版もあり、そこからVRでもプレイできるようになったものの方が、やっぱり、ゲームとしてのデキがいいように感じます。

mq2.jpg
Meta Quest 2 128GB | VRヘッドセット | PC VR ゴーグル

価格:31,900円(税込) ※Amazon 2024/4/11時点



nice!(165) 
共通テーマ:日記・雑感

The Forest VR 自然の中でサバイバル、いろいろ作れて、生活環境が整うところに喜びもあり [大自然でサバイバル The Forest VR]

『The Forest VR』というVRゲームを始めたのですが。以前、プレイした『Green Hell』と比べても、こちらの方が、作れる物も多く、怪しさもあり、かなり楽しめています。



上のYoutube動画は、配信者の詳細がないのですが、投稿している動画から、ゲームメーカーのものらしく。VRの動画はなく、これは、PCのものです。

Steamで『The Forest』を購入すれば、VRでもPCでもプレイできます。セーブデータは同じなため、PCでプレイしたものの続きをVRでというのも可能です。

この動画をみると、ホラー感があり、戦うサバイバル生活という印象になるのですが。実際にプレイしてみると、やり方次第なところがあり、私は、多少の緊張感はありつつ、気楽にプレイしています。

どんなゲームかというと、謎めいた島に飛行機が墜落し、何者かに息子がさらわれ、主人公は、投げ出された自然の中で生き抜きながら、息子を探すというものです。

このような物語だと、自然の中でのサバイバルもあり、息子も探さなければならず、大変と思われそうですが。実際は、そんなこともなく。

この息子というのが、子供のマネキンのような感じで、人間味が全くないため、急いで助けなければという感覚にならず、サバイバルに専念できる良さがあります。

全く物語がなく、自然の中でサバイバル生活だけでは、少し味気ないため、そこまでの惹きはないにしても、息子を助けるという目的があれば、いい張りがある感じになります。

サバイバル生活では、木や石などを使って、かなりいろんなものが作れます。VRなため、出来上がったものが、目の前にある感覚になり、これが楽しく、達成感もあります。

最初は、誰かが使っていたテントで寝泊まりしながら、木や石などの素材集めしたり、どんなところなのか探検したりになります。

ずっとテントで寝泊まりできればと思われそうですが。この島には、原住民がおり、目を覚ますと目の前にいたり、襲われることもあるため、身の安全のためにも家は必要になります。

原住民に追いかけられたら、どうするかなのですが。海の中に飛び込み、首までつかるくらいの深さまで入れば、追ってきません。

ただ、セーブは、寝泊まりする場所でしかできず、家に帰る途中で原住民と遭遇し、家に帰れず、ゲーム内で一晩中、海に浸かりながら、去るのを待ったこともあります。

怪しい原住民が3,4人でこちらを狙っているという状況で、夜の海で漂うというのが、なんとも心細く、ゲームながらVRなため、結構な緊張感があります。

ゲームの設定上、海には敵がいないんじゃないかと思えるから、この状況が耐えられるところもあります。今のところ、魚や大きなカメが泳いでいるのが見えるだけで、サメのようなものに襲われたことはないです。

サバイバル生活で何が作れるかなのですが。住むところなら、細い枝と葉っぱでテントのようなものが作れたり、大きな木を切り倒して、そこそこのログハウスなども作れます。

家の中に入れる家具、アイテムを置く棚、椅子、暖炉なども作れるため、ものづくりが進むと、生活環境が一気に改善し、ここに面白さがあります。

どうしても、必要になるのが、食料と水です。そこで、動物を捕まえるための罠もいくつかあり、水を確保するため、カメの甲羅を逆さまにして、雨水を貯めたりもします。

この他、原住民の攻撃を防ぐため、丸太で壁を作ったり、柵やバリケードのようなものを敷いてみたり、とにかく、いろいろやれます。

肝心の武器については、手持ちのサバイバル本には作り方が書かれておらず、持ち物を広げた状態で、広げたハンカチの上に素材を置いて、武器を作ります。

作り方は、素材を指定して、『combine』を押して、ハンカチの上に移動させます。目の前に、歯車が表示され、歯車が全部白くなれば、武器作成に必要な素材が揃ったことになり、ハンカチの上に灰色の歯車が表示され、決定すれば武器が完成します。

例えば、石オノを作るなら、『細い木』、『石』、『ロープ』で出来できます。これに、鳥の羽、原住民を倒した時に手に入れた歯などを付けていくなど、カスタマイズできます。

何と何を組み合わせたら、どんな武器ができるかというのも、探しながらの方が、出来た時の喜びがあります。謎も多いため、これが攻略サイトなどで知ってしまうと、台無しになるような気がします。

今月に入り、普通のPCゲームで街づくりするようなものを探していたのですが。どうかなと思いつつ、『The Forest VR』を手に取り、やりたいことが満たされた感じです。

Meta Quest 2のバッテリーが切れるくらいやってしまうのが、久しぶりです。2時間半くらいで切れるのですが、このくらいで一度やめて、休憩できる方が、私には、ちょうどいいような気がします。

このゲームは、サバイバル生活になるものの、ゲームとしての優しさもあり、最初からオノやライターを持っていて、ライターはガスが切れることもないです。

リアルさを追求し過ぎて、最初からやり難いゲームというのも、たまにあるのですが。このゲームは、そこらへんが程良く、序盤のやり易さがあり、気分良く楽しめるようになっています。

それでも、突然、自然の中に放り出されたところから始まるため、どうやって生き続けるかを模索しながら、2回ほどゲームオーバーで死んだりしてます。それも、面白いところではあるのですが。

喉の渇きや空腹で倒れると、変な人達に連れていかれ、気づくと洞窟の中で吊るされます。そこからは、脱出できるのですが。原住民と戦って、負傷して倒れたりすると、ゲームオーバーになるようです。

mq2.jpg
Meta Quest 2 128GB | VRヘッドセット | PC VR ゴーグル

価格:31,900円(税込) ※Amazon 2024/4/11時点



nice!(177) 
共通テーマ:日記・雑感
大自然でサバイバル The Forest VR ブログトップ