SSブログ
RUINSMAGUS ルインズメイガス ブログトップ

RUINSMAGUS ルインズメイガス 魔法と盾で360度の戦闘、アニメの世界に入ったような感覚も凄く、なかなか... [RUINSMAGUS ルインズメイガス]

1ヶ月ほど前から、Meta Quest 2を使い、『RUINSMAGUS ルインズメイガス』という王道RPGをプレイしてみたんです。アニメの世界に入ったような感覚になり、好きな人にはたまらないんじゃないかなと思う反面、私には、やったことがないタイプのものだけに、なかなか乗り切れず。

私自身、アニメはあまり見ることがなく、話題になった『進撃の巨人』でも最初の1,2話を見たくらい、『呪術廻戦』や『鬼滅の刃』も4話くらいです。ファンタジー系になると、ちゃんと見た記憶がないです。

ゲームはするのですが、王道RPGも、まともにしたことが無いです。物語があるものでも、『龍が如く』や『ファークライ』など、シリーズの大半をプレイしているものもあるんですが、ジャンルが違います。

ファンタジーなアニメも見ていない、RPGのゲームもしておらず、このゲーム、どうかなとは、最初から感じていました。それでも、VRではなかなかないタイプのゲームでもあり、物は試しとやってみることに。



等身大のキャラが目の前にいたり、建物なども雰囲気があるため、驚きがありました。敵のスケールも大きく、360度を使っての戦闘もあり、盾と魔法を使いつつ、中盤ほどになると激しさもあります。

頭が硬いのか、あれだけの没入感があっても、ちょっと心理的な壁が残り、乗り切れない難しさがありました。キャラデザインも、クセがあるものでもなく、世界観にあった可愛らしい感じで抵抗は無かったのですが、私の想像力の問題なのかもしれません。



『Vox Machinae』の方は、キャラデザインにクセがあるものの、ロボットを操縦して戦うところに興味があるため、音声が英語でも、十分に楽しめました。それだけ、操縦することに強い魅力を感じていたんだと思います。

アニメを見るよりは、特撮の仮面ライダーなどの方が、ドラマ感覚で見れるため、見やすいとは、以前から感じていました。もしかすると、アニメキャラが、等身大で見えることに、違和感を感じていたのかもしれません。

どんなものでも、抵抗なく楽しめたらとは思うのですが、見慣れていないアニメキャラの壁は、意外と大きいと感じました。大きな着ぐるみが隣にいるのと、同じ感覚かもしれません。ないはずのものが、あるような感じです。

Meta Quest 2でK-POPの動画を見るようになったことで、韓国の印象も大分変りました。これと同じ様に、何か、ファンタジー系アニメで、これは面白いと感じられるものを見つけ、それで慣れてから、再び、このゲームをプレイすれば、全く違った印象になるんだと思います。

今の私には、ちょっとハードルが高いゲームだったようです。




nice!(250) 
共通テーマ:日記・雑感
RUINSMAGUS ルインズメイガス ブログトップ