SSブログ
NetflixとFire TV Stickの話 ブログトップ

NetflixとFire TV Stickの話 理想郷を作ろうとした教団、学ぶところが多そうな ワイド・ワイルド・カントリー [NetflixとFire TV Stickの話]

前回、書いた『カルト教祖になる方法』というドキュメンタリーをNetflixで見て、興味深く楽しめたため、今度は、『ワイド・ワイルド・カントリー』なのですが。

1980年代のアメリカで、こんなことが起こっていたのかという驚きがあり、当時の映像が多くあるため、見応えがあります。ただ、1つのエピソードが1時間ほどあり、それが6つもあるため、1.5倍速で見ました。

内容としては、インドの宗教家 バグワンが、米オレゴン州の田舎で広大な土地を買い、信者が生活するコミューン(生活共同体)を作り、大きな社会問題を引き起こすというものです。

荒地を開拓し、家や農地の他、大きな宗教施設、ダムや飛行場なども自分たちで作り、短期間で数千人の信者が生活する町を作り上げます。

米国市民 150人いれば、市が作れるという法律があり。そこに教団が目を付け、信者が作った町が、1981年には、ラジニーシプーラム市になります。

その近くに、小さな村 アンテロープがあり、その住人と揉め、その地域から教団を追い出そうとするのですが。

アンテロープにも、信者が住み始め、もともとの住人よりも信者が上回り、選挙を通じて、乗っ取られます。アンテロープからラジニーシ市に名称が変更され、ラジニーシプーラム市の姉妹都市になり、多数決の問題のようなものも感じられます。

教団について、法的な問題を指摘し、追い出そうとすると、教団側も新たな手を打つのですが。最後は、政教分離の原則などもあり、教団が作った町は、数年後に消え、集まっていた信者が去り、村の名称もアンテロープに戻るというのが、最後の結末です。

このドキュメンタリーを見ていて、教団側が、結婚という制度に意味がなく、フリーセックスを唱えているところが、見始めてから、最初に気になるところでした。

価値観が全く違う集団が、近くで大勢住みだすというのは、法的に問題なくても、何をやりだすか分からない不安もあり、奇妙な怖さが伝わってきます。

この教団が、これだけ多くの信者を集めた背景には、1970年代のアメリカは、長期化したベトナム戦争から手を引き、景気も低迷するなど、混沌とした時代だったからとも言えそうです。

終盤では、サルモネラ菌によるバイオテロ、殺人未遂などの事件を教団幹部が起こしており、追い詰められると一線を越えるというのが、他のカルト教団などとも近く。ただ、この教団の場合、実際に誰かが亡くなっているという話ではないようです。

吹替えだったので、見やすかったのもあるのですが。こんなことも起こるんだなと感じながら、興味深く見れました。




nice!(162) 
共通テーマ:日記・雑感

NetflixとFire TV Stickの話 世界の怪しい宗教が分かり、同じような結末もあり カルト教祖になる方法 [NetflixとFire TV Stickの話]

リビングのテレビにFire TV Stickを取り付け、母は、相変わらず、Netflixで韓国ドラマばかりを見ています。

私も、何か面白いものはないかと思い、前回、『極秘UFOプロジェクト』を全部見たと書いたのですが。今度は、『カルト教祖になる方法』というドキュメンタリーが興味深く、全話見ました。

母のように、ドラマや映画で楽しめるものを探していたのですが。私の場合、面白いと感じる要素にリアル感があるらしく、ドキュメンタリーが好みに合っているようです。

『カルト教祖になる方法』は、ドキュメンタリーのタイトルとしては、社会問題というか事件を引き起こした新興宗教の話なため、人によっては不謹慎と感じるかもしれません。

ただ、内容としては、カルト教祖になった人達の生い立ち、どのようなことをして、そこに至ったかを解説していて、方向が定まっている分、非常に見やすく、分かりやすいものでした。

やり方などを紹介するハウツー動画な作りなのですが。実際には、こういうやり方で人を騙しているということを伝えていて、痛烈に批判するのではなく、皮肉なども込めながら、注意を促しているような感じです。

様々なカルト教団が紹介され、その中には、日本のオウム真理教もあるのですが。このシリーズの最後が、旧統一教会(世界平和統一家庭連合)になっていて、TVでは、言わないようなハッキリとした言い回しが良く。

『カルト教祖になる方法』を見ていて、小さな集団が次第に大きくなり、最後に崩壊するというパターンが、どれも同じように見えるのも興味深く。

最初は、悩める人のニーズに応えるようなところから始まり、信者を増やすため、メディアなどを利用するのですが。広く知られるようになると社会からの批判が強まり、今度は、信者が減り始めます。

こうなると、メディアへの露出を嫌い、情報を遮断するため、孤立した集団生活になり、最後は破滅すると終末思想で結束を固め、大きな事件を引き起こすという流れです。

カルト教団は、カリスマ的な教祖に従う熱狂的な集団なため、その教祖の考え方次第で、どうにでもなってしまう怖さがあります。

ネットが普及したことで、以前と比べ、カルト宗教に入る信者が減っており、人が集まらないという話があるのですが。これは、誰もが情報を流せるため、早い段階で批判が広まるからだと思います。

ネット上には、怪しい情報もあるのですが。一つの物事に対して、多くの情報を集めれば、こういうものらしいというのが掴めるため、人の話を鵜呑みにせず、調べる手間も惜しまないのが、災いを避けるいい方法なのかもしれません。




nice!(159) 
共通テーマ:日記・雑感

NetflixとFire TV Stickの話 リアル感があると距離も縮まり、ありそうなUFO話が興味深く [NetflixとFire TV Stickの話]

母が韓国ドラマを見るために、Netflixが見れるようになったのですが。私も何かと探し、やっと全6エピソード見終えたのが、Netflixオリジナルシリーズの『極秘UFOプロジェクト』です。

何度か、アニメやドラマを見始めたものの、もともとあまり見る方ではないため、3話あたりから、乗り切れずに見なくなります。ところが、このUFO番組は、リアル感に惹きつけられ、見続けられました。

『極秘UFOプロジェクト』では、単純にUFOを目撃したという話では終わらず、その後、二人の怪しい人物が決まって現れ、UFOを撮影したカメラなどを没収し、公言すれば職を失うなど脅迫もあるらしく。

誰もが自由に情報を発信できる今とは違い、昔は、UFOに限らず、こんなことが多そうだなと思いながら見ていました。SNSが広まったことで、カルト教団へ新たに入る人も減っているそうです。

私でも聞いたことがある有名なUFO事件だと、ロズウェル事件があります。1947年7月、米ニューメキシコ州ロズウェル付近にUFOが墜落し、それを米軍が回収したというものなのですが。

この番組では、ロシアのロズウェル事件という話があり。UFOが墜落し、8日後、2機のUFOが墜落現場に現れ、その後、200mを超える大型のUFOと複数の小型UFOがやってきたとなり、この展開にSFな物語を想像させます。

この他にも、様々な人の証言があるのですが。再現映像が、CGになっていて、そこに今時な感じもあります。少し動きがぎこちないものの、当時の雰囲気は伝わってきます。

UFOについては、今年の初め、米政府が報告書を公表していたり、UFOの映像も話題になったり、昔からUFO話はあるのですが、今でも新しい話が出てくるところに凄さがあります。

その報告書によると、米軍によるUFO(未確認飛行物体)の目撃情報が510件あり、2021年に情報機関が初の調査で明らかになった144件から、366件が加わり、一気に増えています。

その中で、風船やドローンなど物体が何か結論付けられたものが、195件。残りの171件は、情報が足りないこともあり、何なのか特定できないという話です。

このような話もあると、UFOもあるのかなとも思えるのですが。特定できないものの中に、求めているUFOが、どのくらいあるかを考えると、そう簡単に見れるものでもない気がします。

宇宙人の乗り物としてのUFOには、ロマンを感じるのですが。個人的には、どうかなぁ~というのが、正直なところです。それでも、結構、楽しく見れました。




nice!(171) 
共通テーマ:日記・雑感

NetflixとFire TV Stickの話 気に入った俳優でドラマを探しても、なかなか上手く行かず [NetflixとFire TV Stickの話]

母は、毎日のように韓国ドラマを見ているのですが。面白かったドラマがあり、そこに出てくる男性俳優が気に入ったらしく、その俳優が出演するドラマが見たいとなりました。

私が、俳優の名前を調べ、Netflixの検索に入れたところ、いくつも出演した作品が表示され、数の多さから人気の高さが伺えるのですが。

母が、最初に見たドラマでは、その俳優は格好いい役なのですが。他の作品では、脇役だったり、演じる役でキャラクターが全く違い、当てが外れたようでした。

その男性俳優よりも、そのドラマに登場するキャラクターが気に入ったということなのかもしれません。

よく見ているなと感じたのが、母が言うには、その男性俳優は、目を整形しているというのです。昔の作品では、一重なのですが、その後、奥二重になっていると話していました。

私自身は、整形については、気にはならないのですが。母は、世代もあるのか、良くないという印象を持っています。

出演するドラマが、いくつもあるくらいの男性俳優なので、別に整形しなくても良さそうな気もするのですが。韓国では、それだけ、整形が身近ということなのかもしれません。

母は、今時な見方で、余計なシーンを飛ばし見するため、ドラマを見終わるのが早く。見終わっては、新しい韓国ドラマを探しています。

今回、気に入った俳優から面白いドラマを探そうとしたのですが。このやり方は、ダメだったらしく、その後、俳優を調べてと言われなくなりました。

やはり、以前から母が話していた『有名な俳優がたくさん出るドラマは面白い』というのが、今のところ、間違いないようです。

そうは言っても、母は、俳優の名前は知らず、顔で覚えているところが、ちょっと変わっています。

Netflixを見るために、母が使っているFire TV Stickなのですが。母は、操作がせっかちで、音声認識ボタンを押した瞬間に言い始めたり、反応が遅いと、どこかを押したりします。

第三世代のFire TV Stickは、以前のものと比べ、反応が大分良くなりました。そこで、なんとか母でも使えているところはあります。

私が、少し使ったことがある第一世代のFire TV Stickと比べたら、個人的な印象なのですが、第三世代は、反応が倍以上は早い気がします。

ネット環境が良く、通信速度が出ていれば、遅いと感じないくらいの反応の良さはあります。ただ、スマホと比べると、そこまでの早さはなさそうです。




nice!(167) 
共通テーマ:日記・雑感

NetflixとFire TV Stickの話 確かにちょっと分かり難いところもあり、操作慣れにゲームが役立ちそうな [NetflixとFire TV Stickの話]

母が、Netflixで韓国ドラマを見るようになり、2ヶ月ほどが経ちました。以前も書いたのですが、使い始めて1ヶ月ほどで、普通に見れるくらいにはなりました。

それでも使っているうちに、よく分からないことがあれば、私が呼ばれます。そこで、こういうものかなと感じたことなのですが。

母は、設定を変更する時に、選択肢は見えているものしかないと考えているようです。例えば、音声を日本語にしたり、日本語字幕を消す時に、どこを押すかを教えても、すぐに忘れてしまいます。

これは、下を押さないと新たな選択肢が表示されず、デザイン的にもスッキリ見せたいため、あえて多くの選択肢を表示していないところもあり、それが、母を惑わせるポイントになっています。

しかも、一つの韓国ドラマで、日本語音声があれば、全ての韓国ドラマで日本語音声があるとも考えがちです。

そこで、音声が、オリジナルの韓国語音声しかないとなると、おかしいと感じ、いろいろやり出しては、できないとなります。

Netflixの韓国ドラマで、どのくらい日本語音声があるかを調べたところ、1年ほど前で、40本ほどです。韓国ドラマの数から考えると、日本語音声があるものが、かなり少ないように感じられます。

現在は、1年経ったいるのですが、過去の作品よりも新作に日本語吹き替えを付けそうなことからも、日本語吹き替えがある韓国ドラマは、半分もないと思います。

韓国ドラマでは、Netflixでは日本語音声がなかったものが、U-NEXTでは、日本語音声があったものも、いくつかありました。

音声と字幕の切り替えについては、Fire TV StickでNetflixを見た場合、見たい韓国ドラマを選択した後、『最初から再生する』などの選択肢があり、その下を選ばなければ、音声や字幕の選択肢が出ません。

これには、私も、少し分かり難いなとは感じていました。見た目で他の選択肢があるように見えないため、操作に不慣れな母なら、分からなくなっても仕方ないのかもしれません。

簡単に操作に慣れるには、子供の頃にゲームをしているかどうかが、大きいような気がします。新たにゲームを始めては、操作方法を覚えるを繰り返すため、飲み込みが早そうです。

母のように、ここを押したら、ここを押してではなく、『こんな感じ』で操作できるのは、そのせいかもしれません。

様々な動画があり、選択肢が多いという状況が、母には初めてに近いのですが。新しいこを始めるというのは、いい刺激にもなり、頭にも良さそうです。




nice!(183) 
共通テーマ:日記・雑感

NetflixとFire TV Stickの話 電子レンジでネット接続が切れ、5GHzで接続するか、有線LANでつなぐか、それとも [NetflixとFire TV Stickの話]

リビングのテレビに、Fire TV Stickを取り付け、母がNetflixを見るようになったのですが。スマホやパソコンも使わない母なため、ネットを使って動画を見るというのが、初めてです。

Netflixで動画を見ている時に、たまに動画が止まるらしく。『急に止まって、何%とかなるけど、あれは、こっちが悪いの?』と聞かれ、ネットは、こんなものと説明したりしています。

ただ、ネットについて聞かれただけだと、説明しても、ほとんど聞いていないような母なのですが。Netflixを使い、身近な分、理解が早く。身近なことなら、簡単に頭に入るというのが、伝わってきます。

たまには、ネット接続が不安定になることもあるんだろうと考えていたのですが。話を聞いていて、思い当たるのが、電子レンジです。

リビングは、キッチンに近く、Wi-Fiの中継器は、冷蔵庫の上のコンセントに取り付けています。その中継器が、2.5GHz(ギガヘルツ)しか使えず、電子レンジの周波数も、同じ2.5GHzです。

電子レンジを使うと周波数が同じなため、中継器のWi-Fi接続が切れます。電子レンジを使わなければ、中継器のWi-Fi接続が自動で戻るのですが、不便なところではあります。

最近は、冷凍食品もいろいろあり、母は、手間を惜しむため、よく冷凍食品を食べています。冷食でも、『五目あんかけ焼きそば』などは、500Wで8分ほどかかります。

対処法としては、Fire TV StickのWi-Fi接続を変更し、2.5GHzではなく、5GHzを使うか、『Amazon イーサネットアダプタ』を購入して、有線LANでネット接続するかです。

Fire TV Stickは、Wi-Fi 5なため、2.5GHzでも5GHzでも接続できます。Wi-Fi中継器を5GHzが使えるものに替える必要があるのですが、これは、中継器をいくつか持っているため、探せばありそうです。

ただ、やってみないと分からないところがあり。電波の特徴として、2.5GHzは障害物に強く、比較的距離があっても接続できるのですが、5GHzは障害物に弱く、接続できる距離が短めです。

2.5GHzなら、電波強度が高く、問題なく接続できていても、5GHzに切り換えたら、電波強度が下がり、思ったほど通信速度が上がらなかったり、最悪、接続できないこともあり得ます。

2.5GHzから5GHzになれば、最大通信速度は、5倍ほど上がるため、5GHzで快適に使えるようになれば、動画の視聴がよりスムーズになります。

使っているのは、Fire TV Stick(第3世代)なのですが。5GHzで接続する際には、チャンネルを『W52』に設定する必要があり、自動設定だとつながらないかもしれません。

もう一つの有線LANで接続も、テレビボードの後ろに宅内LANの挿し込み口があるため、『Amazon イーサネットアダプタ』さえあれば、すぐにでもできそうですが。大きなテレビボードを一人で動かすとなると、簡単ではないです。

ここで、ちょっと違った考えもあり、不便さを残すという手もありあそうです。母は、Netflixばかり見ているため、多少、不便な方が、見過ぎる状態にブレーキもかかり、これはこれで良いことかもしれません。

母は、大人なのですが、ちゃんとしている大人ではない気がします。不便なところは、そのままにして、電子レンジを使う時くらい休憩するというのも、アリかもしれません。


  

nice!(171) 
共通テーマ:日記・雑感

NetflixとFire TV Stickの話 見方が意外に今時、2,3人いないと期待できないらしく [NetflixとFire TV Stickの話]

母が、Fire TV Stickの操作にも慣れ、1ヶ月ほどでNetflixが問題なく見れるくらいになりました。

番組を探して、見れるくらいなので、まだまだ便利な機能を使い、手際よくとまではいきません。それでも、説明書も読まない母が、思ったよりも早く使えるようになった感じています。

これは、Fire TV Stickが使いやすく、ボタンの反応が早いのも良かったんだと思います。以前、何世代か前のFire TV Stickを使わせたことがあり、その時は、反応が鈍く、そこで使わなくなりました。

母は、BSで放送されている韓国ドラマで、見るものがなくなったことから、Netflixを見るようになったのですが。母なりの見方があるようで、ちょっと今時なところがあるのも分かりました。

有名な俳優が、2,3人出演していないと面白くならないらしく。ただ、その俳優の名前は、覚えておらず、顔を見れば分かるというのです。

これが、私も理解できるところがあり。私の場合、VRでK-POPの動画を見ており、曲を聴けば、どんな風に踊っているかが分かるくらいなのですが、メンバーの名前は、一人も覚えていません。カタカナな名前で短めだと、正直、覚え難いです。

母は、ドラマの流れが掴めたところで、間延びしたり、不愉快なシーンがあると、平気で飛ばし見します。それでも、問題なく楽しめるらしく、ちょっと今時です。

今時と言えば、父は、NHKの大河ドラマは、普通に見るのですが。『ポツンと一軒家』や『開運!なんでも鑑定団』は、倍速で見ることが多々あります。

私の場合は、バラエティな動画や番組を見ることが多いのですが、完全に『ながら見』です。デスクの前に2画面あり、片方で動画を流しつつ、もう片方で、ゲームをしたり。

家族でも、それぞれで見方が違っているのですが。『ながら見』は、クセになるところがあり、この見方だと物語が頭に入り難いため、ドラマや映画を見ないような気がします。

母は、ドラマを見つつ、ちょっと違うなとなると、新しいドラマを探し始めます。ここまで見たら、最後まで見そうだなと思うのですが、そんなこともなく、切り替えが早いです。

見れるものが限られていると、しばらく見ようかともなりそうなのですが。選択肢が多くなると、多くなったなりの見方がありそうです。

楽しみながら見るものだから、楽しくなければ見ないというのも、分かります。ドラマを探す楽しさもあれば、これはこれで良いことなのかもしれません。

せっかく、Netflixが見れるので、私も普段見ないドラマを見ながら、自分に合ったものを探してみようと思います。


 
nice!(186) 
共通テーマ:日記・雑感

NetflixとFire TV Stickの話 番組が探せるほどまで慣れ、番組名を言えば見れるのも良く [NetflixとFire TV Stickの話]

母が、Fire TV StickでNetflixを見るようになり、まもなく、1ヶ月なのですが。ようやく、使い方にも慣れ、見たい韓国ドラマも探せるようになり、喜んで見るようになりました。

母は、説明書も読まず、結構な機械音痴なのですが。Fire TV Stickの音声認識機能が、思ったよりも役に立ち、番組名を覚えては、それを言いつつ、見ています。

fts03.jpg

リモコンの上にある青いボタンを押しながら、番組名を言えば、その番組が表示されるというものです。私も試したところ、反応が良く、表示されるまでの時間が早いです。

韓国ドラマをテレビで見ていた頃、母は、あまり番組名を覚えておらず。最初、番組名をリモコンに言えばいいと教えても、覚えてないから使わないと話していたんです。それが今では、音声認識機能をメインで使っています。

Netflixには、韓国ドラマが大量にあり、本来ならマイリストを利用した方が、便利なのですが。母は、マイリストという仕組みがが、よく分かっていないというか、感じが掴めておらず、使えません。

見たいものは、番組名を覚え、それをリモコンへ言うというのも、記憶力が鍛えられそうで。何でも機械任せじゃない方が、良いこともありそうです。

Netflixの契約では、同時に2つまで動画視聴できるため、私も何か見てみようと思い、『内さまワールド』と『攻殻機動隊』を見ています。

『内さまワールド』は、バラエティ番組なのですが。アマゾンのプライムビデオで『内村さまぁ〜ず SECOND』をいくつか見ていたこともあり、馴染みがあります。2006年から続く番組が、今年の2月から番組名を改めてというものです。

『攻殻機動隊』は、大分前に、テレビアニメシリーズを見ていたため、これも馴染みがあり。ネット社会の現在を反映しているような物語なため、どこかありそうな感覚で見れたりもします。

Netflixには、2020年に全世界独占配信されたシリーズ初のフル3DCGアニメーションとして、『攻殻機動隊 SAC_2045』があるのですが。普通のアニメの方が、キャラクターがより細かく雰囲気が感じられるような気がします。

個人的には、3DCGアニメになると、どうしても、ゲームっぽく感じるところもあります。これも、見慣れれば気にならないのかもしれません。

BSで韓国ドラマを見続けていて、もう、見るものがないという母の話から、楽しみがないのも良くないだろうと思い、Netflixに手を出したのですが。

今では、母が、いくらでも見るものがあると話していて、それはそれで問題がありそうです。


 
nice!(175) 
共通テーマ:日記・雑感

NetflixとFire TV Stickの話 使いやすそうに見えても、簡単かどうかは、人それぞれ [NetflixとFire TV Stickの話]

前回、母がNetflixで韓国ドラマを見るため、Fire TV Stickをテレビに取り付けたと書いたのですが。2週間ほど経ち、説明書も読まない、機械音痴な母が、気軽に使えるようになるかは、半々な状態です。

やり方として、分からないのが、選択する場所のようで、どこを押すと、どうなるか。例えば、【カテゴリー】⇒【海外ドラマ】⇒【韓国ドラマ】と次々と選んだりというところです。

最初から【韓国ドラマ】という選択肢が見えていれば、問題ないのですが。選択肢を何度か選んだ先にそれがあるのが、ちょっと難しいらしく。

これは、スマホやゲームをやっていたら、慣れてそうな気がします。撮影した画像を見るためにフォルダを開いたり、ゲームを再開するために、セーブデータを開いたり。

パソコンが、初めてで使い方が全く分からない場合、パソコンでゲームすればいいと聞いたことがあるのですが、それとも通じる話かもしれません。

説明書を読まないというのも、関係がありそうです。説明書を読まないということは、使い方を覚えようという意識が低いことも意味しています。

母は、地デジの番組録画なら、毎日のようにやっているため、この『Fire TV Stick』も、なんとか使えるだろうと思っていたのですが。操作に慣れるまで、時間がかかりそうです。

『Fire TV Stick』を使えば、Netflixだけではなく、TVer、Amazonのプライム・ビデオ、Hulu、FODなども見れるため、選択肢が多い分、迷うらしく。

fst01.jpg

リモコンの下に、Netflixボタンがあり、これを押して、音声認識ボタンを押したまま、見たい番組のタイトルを言えばいいと説明しても、変なところを開いていたりします。

言われた通りにやるだけだと、その方法しか身に付かないため、間違っても、いろいろ開いてみるくらいの方が、良いことなのかもしれません。

ただ、それも、一番、簡単な使い方を覚えてからやればいいのですが。そうではないところが、母らしいとも言えます。

母が感覚として、掴めないところは、操作する感覚なので、ゲームをやっていたら、自然と身に付きそうな気もします。


 

nice!(163) 
共通テーマ:日記・雑感

NetflixとFire TV Stickの話 Fire TV Stickをテレビに取り付け、母が見れるかどうか  [NetflixとFire TV Stickの話]

10年ほど前から、母がBSの韓国ドラマを見るようになりました。幅広く様々なドラマを見ていて、とうとう、BSでは、見るものが無くなったようです。

母が好んで見るドラマは、明るいホームドラマなのですが、時代劇のようなものも見ており、余程、面白くないものじゃない限り、見ています。

なぜ、韓国ドラマがいいのか聞いたところ、日本に近いところもあり、感情表現も派手で、見ていて分かりやすいらしく。

長らく、母が楽しみに見ていた韓国ドラマなので、BSがダメなら、話題になる韓国ドラマが多い Netflixを見てみようかとなりました。

firestick01.jpg

母は、韓国ドラマをリビングのテレビで見るのですが。そのテレビは、画面は大きいのですが、古いタイプでネットに対応しておらず、『Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー』を購入しました。

これをテレビに接続し、ネットにつなげば、Netflixの他、Amazon プライムビデオ、Tverなど、ネット経由で見れる番組なら、ほとんど見れるようになります。

firestick02.jpg

取り付け自体は、簡単でした。後は、Wi-Fiでネット接続なのですが、ネットに接続するWiMAX端末と距離があるため、間に中継器を取り付けました。

この中継器、WiMAX端末のSSIDが、より広く使えるというものではなく、別のSSIDで接続し、広く使えるというものです。スマホなら、Wi-Fiの電波が強いところへ自動で切り替えるため、手間も無く、広い範囲で使えるとなりそうです。

今回、リビングのFire TV Stickへの接続なのですが、中継器を経由している分、十分な通信速度があり、動画視聴も快適でした。

Netflixの契約は、HD画質で同時に2台まで視聴できるという月額 1480円のプランにしました。せっかくなので、私もPCで見てみようと思います。

母は、パソコンやスマホを使ったことがなく、テレビの外付けHDDを壊したり、家電でトラブルを起こしがちです。そんな母が、ちゃんとNetflixが見れるようになるのかという不安はあります。

スマホを使っていたら、操作慣れしているため、簡単に扱えそうなのですが。契約も解約も簡単なので、母がダメな時は、早々に解約するかもしれません。


 

nice!(164) 
共通テーマ:日記・雑感
NetflixとFire TV Stickの話 ブログトップ