SSブログ

好みの焼き海苔を探すのは難しい 味、風味、厚さ、色など、実際に見てみないと分からないことが多く [好みの焼き海苔を探すのは難しい]

先日、『越前かに問屋 ますよね』というネットショップから、有明海産の訳アリ海苔を購入しました。実際に、買ってみて、好みの海苔を買うのは、かなり難しいと感じました。

nori01.jpg

これが、届いた海苔です。有明海産の訳あり、40枚入りで1180円という安さです。評価も高め、しかも、私がよく見ている『ざっくりYouTube』(出演者 千原ジュニア、小籔千豊、岩尾望、後藤輝基)にも登場したお店でもあり、これはとなりました。

我が家では、焼き海苔をよく食べていて、特に、父は、毎日、欠かさず食べています。いつも、食べている焼き海苔が、もう少しで無くなるため、訳アリなら、安く済むんじゃないかというのが、事の発端です。ただ、父は、焼き海苔の好みがあり、ダメもとで、やってみようとなりました。

届いた焼き海苔の感想は、味は悪くないのですが、薄いです。この薄さは、韓国のりに近いなと感じました。

単純に、厚みがあるものが良く、薄いものが悪いというものではないのですが、父の好みとしては、薄過ぎるようです。風味も弱めですが、これは薄いからかもしれません。変な磯臭さはありませんでした。

父が、いつも食べている焼き海苔は、知り合いの海苔問屋さんから購入したものです。産地を指定せず、父の好みに合ったものをお任せで買っています。そのため、国内産なのですが、生産地は、よく変わります。

nori02.jpg

左が、今回、購入したもの、右が、父がいつも食べているものです。もちろん、訳アリと普通に販売されているものなため、見た目に差があるのですが。

厚みが違い、いつも食べている海苔は、訳アリの2倍ほどの厚みがあります。厚みがある分、しっかりしていて、硬めな感じです。

訳アリの海苔を2倍にすると、いつもの海苔と同じになるため、20枚で1180円と考えてしまうと、父が、いつも買っている海苔問屋さんの海苔よりも、高くなります。

訳アリを買ってみて、感じたことなのですが。味の表現というのも、人それぞれで違い、曖昧さもあり、海苔の厚さを表示しているところもないことから、好みの海苔を探して買うのは難しいです。

いろんな海苔を食べ比べながら、好みのものを探すというなら、時間をかけて楽しめそうですが。今、食べてる海苔と同じくらいでとなると、そう簡単ではなく。

しかも、焼き海苔の原料の海苔自体、自然の中で作られるため、天気の影響も大きく、味に違いが出ます。こうなると分からないことが多過ぎて、これを選べば間違いないとはなりません。

今回、海苔問屋さんの焼き海苔が、高くないことも分かり、今後も、いつもの海苔を買うことになりそうです。

nice!(172) 

nice! 172